2度目のゴールドコースト(オーストラリア)なら、ツウなココをおすすめ!

ちまこママです。
先日美容院へいったとき、店員の男の子から
「新婚旅行でオーストラリアへ行くんです!」って聞いて
すっかりテンションあがってしまいました。
しかもゴールドコーストということで、計画を聞いていたら

20歳そこそこで行ったときのことが一気に蘇ってきました。
サーファーズパラダイスやQ1だけではない、
2度目の旅におすすめなところをご紹介したいと思います♪

☆パラダイスカントリー
通称パラカン!はゴールドコースト郊外にある観光ファーム。
羊の毛刈りショーが有名なんだけど、他にもいろんな動物と
触れ合うことができるので、お子様には特におすすめ!
コアラが抱っこできるのは、クイーンズランド州だけなので
ぜひココで抱っこ写真撮ってみてね。
ぎゅっとくっついてくるコアラは最高にかわいいですよ。

実は私が行ったときは、たしかレンタカーで行ったんですよね
たいして道を知らないくせに、よくハイウェイに乗っていったなと
我ながら感心しちゃいます(笑)こわいもの知らずってすごいですね。
途中道に迷いながら、どこかのお店の人に道を聞きながら
(そのかたは地図を何枚もコピーして、つなげて道を教えてくれました!)
たどりついたのを覚えてる(笑)
そんな状況だったからか、ほとんど何もやってないような時間に到着し、
大したことをやれなかったのが心残りなんですよね。
なので、またぜひ行ってみたいです!
バーベキューとかもやってるみたいなんで、
こんなところでごはんが食べられたら気持ちよさそうだね!

☆マウントタンボリン
サーファーズから1時間ちょっと山へ行ったところにある、タンボリン山です。
実は私、ここに2ヶ月ほど住んでいました。
とってもかわいらしいコテージがあり、そこで住み込みで働いてたんだよね。
ココをみつけたのは、とあるファームを抜け出して行き先に困っているとき。
たまたま見た日本人向け情報誌「NICHIGO PRESS」で
住み込みの日本人を募集していたんです。
そう、オーナーはオージーと日本人のご夫妻。
日本人の奥様に事情を話したところ、快く引き受けてくださったんです。
私と一緒に転がり込んできた日本人の二人は、
仕事が決まるとしばらくして山を下りていったのだけど
私はその小さな町がとても気に入って、結局2ヶ月住んでいました。
みどころはたくさんあるんだけど、おすすめのひとつは、展望台。
観光客を乗せたバスも、よく停まっていたくらいの絶景です。
毎日日没直前になると、同じように働いていた男の子と歩いて展望台までいき
そこからサンセットを眺めるという日を送っていました。
今考えればなんて贅沢な時間だったんだろう。
すっかり暗くなるまで何もしゃべらずに空をながめ、
そこからまた、仕事に戻るみたいな生活をしてました(夕飯時の忙しいときなのに!!)

あとは、あちこちにワイナリーがありましたよ。
私が赤ワインが飲めるようになったのは、オーストラリアに来てからなんだよね
ちょっと渋いくらいのフルボディが大好きになっちゃった。
ワイナリーはたくさんあるので、休みの日にはあちこちのワイナリーで
試飲してました。いろんな種類のワインが、意外と安く手に入るのも魅力。

観光客が多いのは、私が住んでいたところからちょっとある
ギャラリーウォークというところ。
アーティスティックな街で、ギャラリーがいくつもありました。
馬車が走っていたり、素敵なカフェがあったり、オシャレなお土産もの屋さんも。
飽きずに1日過ごせるんじゃないかな。

オライリーズレインフォレスト
ラミントン国立公園のそばにある、ここも山の中にある素敵なところです。
(あれ?私山より海派なんだけど、山ばっかりおすすめしてるな・・(笑))
ココはほんとおすすめ!!
私はここへ2泊3日で行ったんだけど、とっても楽しかった。
まずはすべてインクルーシブ。つまりは宿泊費にすべての飲食、アクティビティ費用が
入っているということ。
ちょっとお高めと思ったけど、オールインクルーシブと聞けばやっぱりやすい!!
なんといってもオージービーフも食べれるおいしい食事がついて、
午後のティータイムはもちろん、昼食前にも軽食が並びます。
そして、早朝、午前中、午後、夕方と一日に3回から4回ほどアクティビティが
開催されるので、それに予約すれば何度だって参加できる!
私は以前、ブーメラン教室に参加しました!(笑)

いかがでしたでしょうか??
私は一度レンタカーを借りてあちこち行ってましたが、
右側ハンドルの左側通行なので、日本人には慣れやすいのでは?
とおもいます。結構、ワーホリでも車もってるかたいますね。
やはり広大な土地なので、あちこち回りたい人には
レンタカーは必須かもしれませんね。(国際免許証のご用意を!)

ではまた!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*