新型コロナウイルスの各国の対応まとめ 海外に行ける? 2.28現在

ちまこママです。

連日のコロナ報道・・・
ついには私の住む静岡県にも感染者が出て、みんなが戦々恐々としている
ような気がします(気にしすぎ??)
また、一番恐れているデマにも影響されてドラッグストアや
スーパーのトイレットペーパーやティッシュペーパーは品薄状態に!!

マスクも依然、品薄状態が続いていて、
たまにドラッグストアに入荷しても、開店前から並んでいた人だけで
完売してしまう状態とか。

そもそも開店前から並べる人より、仕事していて
通勤や仕事中に不特定多数と接触のリスクが高い、本当に必要な人のところに
いきわたらないのもおかしな話ですね。

私はたまたま昨年暮れに体調を崩し、またこれから来ると警戒していた
花粉症対策で、マスクは少し多めに購入したいたため
全くナイ!という状態ではありませんが、
それでも毎日3枚ほど使用してるので、いつなくなるかは
気になるところです。。

さらには小中高生の全国休校要請。
これもいろんな影響が出ていますね。

もちろん世界的にもかなりの影響が出ており、
観光でなくとも、海外に行かないといけない理由があるかた、
海外から日本に一時帰国したいかたと多くの人にも影響が出ていますよね。

というわけで、
猛威をふるっている新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う、
各国の入国時の検疫強化、入国やビザ発給の制限について
日本人にどんな影響があるかを調べてみました!(20.2.28 18:00現在)

日本の対応

14日以内に湖北省(武漢等)と浙江省に滞在したことがある方は入国不可
湖北省で発行された中国パスポートをお持ちの方は入国不可
14日以内に韓国の一部地域に滞在歴のある外国人の入国を禁止

とのことですが、不可と禁止の違いがイマイチ分かりづらいですね。
あと、ほとんどの国で、国単位の入国不可を設けているのに、
いまだに中国や韓国の一部地域だけの入国を不可としているあたりが
お人よし日本といった感じがします。

アジア各国の対応

インド:日本、韓国籍のアライバルビザを一時的に停止
日本、韓国、イラン、イタリア国籍のE-VISAを一時的に停止

タイ:中国、香港、マカオ、台湾、日本、シンガポールからの渡航者
及び14日以内に滞在歴がある方への検疫を強化
→入国後14日間の自宅もしくはホテルでの待機を要請してるとか。

ネパール:日本、中国、韓国、マレーシア、タイ、シンガポールからの
入国者にスクリーニングを強化

モンゴル:日本との直行便を運休
14日以内に日本、韓国、イタリアに滞在した人は入国拒否
と、ビザ発給を停止

ほか主要な国の対応

イスラエル・イラク・クウェート・サウジアラビア・バーレーン・
クック諸島・バヌアツ・マーシャル諸島
などは、日本国籍もしくは日本への滞在歴があると入国拒否

他の国や地域でも、日本国籍や日本での滞在歴がある場合
健康観察や、スクリーニング強化といった対策はとられているようです。

上記のとおりでしたが、入国14日以内に中国や
関連国(香港など)に渡航歴があるかたは、
基本的に入国を拒否しているところが多いです。
上記はすべて、中国への渡航歴がない前提でのことです。

海外に住む日本人の反応

ツイッターでみていても、一時帰国する予定があったかたでも、
帰国を取りやめているようです。
日本に入国できたとしても、帰ってこれるか不透明だからとのこと。
確かにそうですね。
日本からタイへ戻った日本人の方でも14日間の自宅待機を
しているかたが何人もいました。

不要不急の外出は控えて。
とはいえ、どこまでが不要不急か難しいところではありますが・・
人生がかわるくらいの決断をして、渡航する計画をしていたひとも
いろいろと計画を練り直さないといけなかったりしています。

早くこの影響も落ち着くといいな・・

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*