アラフォーからの妊活/はじめるなら基礎体温からつけてみよう

あかちゃんほしいな・・・と思ったときに、
とりあえずやることといったら、これじゃないでしょうか?
「基礎体温をつける」
では、ちゃんと正しく計測していきましょうね。

まずは婦人体温計を買おう!

とても細かい体温の変化を調べるために、
小数点第2位まで計測できる、
専用の体温計を用意する必要があります。
薬局、Amazonや楽天でも買えますよ。
値段はシンプルなもので1,500円程度~
データ保存やスマホへの転送機能もついた
10,000円前後のものもありました!
私が妊活していた10年ほど前からみるとかなり進化してますね~ビックリ!

朝、目が覚めたら動いちゃダメ!

まず目が覚めたらすぐに起き上がらないこと!
少しの動作でも体温は変化してしまうんだって。
だから、体温計は枕元など手の届くところにおいて、
起き上がらなくても済むようにしておきましょうね。

毎朝同じ時間に計測するようにしましょう。
測る場所は舌下です。
そう、つまりは舌の下で、脇ではないです。
あとは、計測できるまでジッと待ってね。

基礎体温は毎日記録!

計測後は必ず記録しておきます。
寝起きにジッと測らないといけないので、
まさかの二度寝ってこともあるので(私は結構やらかしてました笑)
注意して、記録していってね。
いまは便利なアプリもあるから、うまく活用して!

ひと月つけると、からだのリズムがわかる

一か月続けて基礎体温をつけてみたら、
大体のリズムがわかるようになります。
生理が始まったころは「低温期」が2週間前後ほど続き
排卵があるころに、一度ガクッとまた下がって
そのあとに高温期が2週間前後続きます。
妊娠しやすいのは、生理後から排卵前後までの期間。
この低温期・高温期の層がうまくてできてない場合などは
ホルモンバランスが崩れてる可能性もあるようなので
体質改善をしながら基礎体温をつけていくと
いいかもしれませんね。

妊娠目的でなくてもおすすめ

排卵のタイミングや、生理のタイミングがわかるので
生活もしやすくなります。旅行の計画もたてやすいですね。
妊娠目的でなくても、ずっとつけていくのもいいそうです。
更年期が近づくと、低温期が短くなり生理が増えてくるようです。
逆に、更年期になると、低温期が長くなってくるんですって。
自分の体の状態を知ることができますね。

私もそろそろ更年期が近づいてくる年齢なので、
しばらく基礎体温をつけていなかったけど
再開するのもいいのかもしれません。
また再開したらレポートしますね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*