士林夜市は子連れが楽しい!~3歳子連れで初台北④

ちまこママです。
「ちまこ」ってなに?と言われたんですけど、
実は台湾に一緒にいった次男のことです!
助産院で産んだんですけど、そこの助産師さんが
「ちまちましてかわいい♡」と言っていたので、
ちまちまってかわいいな!って思って、次男のことをたまに「ちまこちゃん」って
呼んでます。
いまだに、ちま!って呼ぶと反応してくれます。
そんなちまちゃんと行った台湾レポ、続きます♪

台湾といえば夜市!!

YouTubeで見てたら、いろんなおいしいものが満載のようだったので
これは絶対行かねば!!と思っていました。
サイエン台湾というYouTubeチャンネルをみて、夜市攻略も考えていましたよ。

士林夜市へは、地下鉄が便利

「士林駅」ではなく「劍潭(けんたん)駅」が最寄です。注意してね。
まだ、明るいうちに士林に到着。
あまり人も多くなかったのですが・・
やはり薄暗くなってくるとだんだんと人が増えてきました。

おいしいものが安い!

まずは10個で50元だった一口餃子みたいなやつ!
これとビール(100元のでかいやつを買いました)!!!

そして、やっぱり一番食べたいと思っていたのが、ジーパイ!
顔くらい大きな鶏肉のフライですね!
これいろんなお店があるって言ってたけど、結局「悪魔ジーパイ」しか
見つけられませんでした。(75元くらい)

注文受けてから揚げるシステムなのか、かなり待たされたけど
アツアツでサクサクのを食べられましたよ。

息子念願のエビ釣り!!

そして、旅好きの会で教えてもらった、エビ釣り
動画で見せてもらったら、これ絶対子どもがよろこぶやつ!!と興奮してしまいました(笑)
台湾に来る前から息子にずっと言っていたので、息子もかなり楽しみにしていました。
聞いていた通り、劍潭駅降りて夜市へ向かっていくと、けっこうすぐに
このえび釣りやさんがあります。
17時くらい?には準備中だったのか、全くお客さんはいなくて
店員さんと思われるひとも、荷物の搬入をしていました。

一通りまわって帰り道にもう一度寄ってみるとかなりのお客様がいました。
息子も早くやりたい!!と大興奮。
これらも釣り上げるのか?カメや金魚のブースもありました。
割りばしに先に糸と針金がついていて、しっぽのあたりを狙って引っ掛けるそう。
結局息子は逃げるエビに怖気づいて、少ししかやりませんでした(笑)
もう少し大きい子どもなら大興奮だろうな。

あとこれ、注意なんですけど、
7竿100元となってましたが、これは入り口の1ブースのみ。
釣り上げるだけだそうで、(えびもおもちゃももらえない)
基本は8竿300元みたいです。(それなりの値段・・)
釣り上げた分だけ焼いたエビをもらうか、おもちゃと交換してくれるそう。
なんとなく、釣ったエビを食べるのかなと思っていたので生きてるエビをつりあげたけど、
結局はすでに焼かれているエビをもらったので、
水槽の底のほうにいた死んでるエビだったのかもしれません・・
友達のせいちゃんは一匹、私も一匹、ついでに息子と釣り上げたのも1匹で
人数分もらえました。
塩焼きになっていて、もって帰るといったら袋に入れてくれました。

週末はやはり混むので子連れならなるべく平日で
もしくはなるべく早い時間帯なら、それほどゴミゴミしてませんでしたよ!

ではまた。素敵な1日を!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*