春休みに行く台湾旅行 服装まとめ 3月4月の気候もチェック!

こんにちは、ちまこママです。
春休みに台湾へ旅行を計画されているかたも多いのかな。
今年はまさかのコロナウィルスの影響で海外旅行自体が敬遠されがちですが、
台湾は日本に比べても感染者が少なく(17人←2020.2.8現在)、
水際対策もしている点で、予定通り行かれるかたも多いのかもしれませんね。

そこで、一番悩む服装について調べてみました!

台北と日本(東京)の3月と4月の気候をチェック!

台湾(台北)は最高気温25.0℃ 最低気温18.0℃ 平均20.0℃
日本(東京)は最高気温19.0℃ 最低気温4.4℃ 平均10.0℃

東京より、台湾(台北)のほうが数字上では暖かいです。
ただ、寒い日は体感温度がこれより多少下がるので
日本より、少しだけ暖かいくらいに思っておいたほうがよさそうですね。

雨が多く湿度が高いので、お天気のいい日が続けば
数字通りの暖かさがあるかもしれません。

春休みの台湾!服装はどんな感じがいいの?

日本でも春先の服装は悩みますよね。
お天気がいいと本当に薄着でも大丈夫ですが、
寒いとダウンが必要な時期でもあります。
余談ですが、私の結婚式があった十数年前(1)の3月上旬は、
とても天気がよくて汗ばむくらい陽気な一日でしたが、
前日は大雨でとても寒かったのを思い出します。

台湾も基本的には夏は暑く、冬は寒いです。
アウトドアジャケット、薄手のダウン(ウルトラライトなど)
トレンチコートなど、軽めのアウターを持参

大判のストールやマフラーがあるとさらに〇

服装としては長袖のTシャツ、長袖のカーディガンといった服装をおすすめします。
暑かったら上着を脱いだりと、温度調節しやすい服装がよさそう。

↑私はこんな感じのアウターを持っていきました。
(私が11月下旬に行ったときには思ったより寒かった)

もう一つ注意点としては、夜市に行くなどの予定がある場合
食べ物を持った人とすれ違うことも多く、
また、大衆食堂などあまりキレイではないお店もあったりするので
多少汚れてもいい服装を持参したほうがいいかもしれません。

台湾旅行に持参したほうがいいものと気を付けたほうがいいこと

まず、観光で多くの方が行く台北は東京と比べても
降水量が1.5倍ほど!
年間を通じて、雨が降りやすいと言われているので、
いつの時期でも折り畳み傘があるといいですね!
現地でも安く調達できますよ。

また雨が多く、舗装されていない道路も多い点から
足元のオシャレは気を使ったほうがよさそうです。
ワイドパンツやパンプスなどは特に注意!

3月の日差しは思いのほか強いので、日焼け止めもお忘れなく!

ちなみにコンビニでお買い物をしても
ビニール袋は有料なので、ここ注意です!エコバックぜひ持っていってね。
私は日本でもなるべくエコバックを使うようにしてるので
日本へ帰国後も、ぜひともエコバックを使って「ビニール袋NO」と言いましょ♪

番外編:コロナウイルスの影響でマスクが品薄です。
春休みの時期がどのような状況かまだわかりませんが
今現在、台湾では外国人の旅行者に対して、マスクの販売をしていません。
持参することをおすすめします!
またアルコールも有効なので、食事のときなど
気になるときに使えるように、小さなアルコール消毒を持ち歩くのも
おすすめします!

いかがでしたか?
台湾はおいしいものもたくさんあるし、みどころもたくさん!
近いし、安いしまた行きたくなってきました。

体調には十分注意してご旅行されてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*